相続不動産売却は3年以内に

query_builder 2022/04/15
相続

不動産を相続したけれど、活用・利用する予定がないときは管理の出費や手間、固定資産税の負担を考えると売却を考えたほうがよいのかもしれません。煩雑だからといって放っておくと、ご近所への迷惑や第三者の占有、通行人にケガをさせた場合の損害賠償リスクなど、様々な問題となってしまいます。


相続した際、相続不動産売却した際にも税金がかかります。相続や相続不動産売却は税金の知識が必要となります。煩雑だからといって放っておくと様々なトラブルに巻き込まれる危険がありますので、信頼できる不動産会社や税理士等に相談して下さい。ダイサワでは仕業との連携を活かし相続不動産売却をサポートいたします。


相続不動産売却は3年以内に売却できるのが理想

3年以内に売却ができるのが理想というのは税金面で控除や軽減のメリットがあるからです。

《空き家の譲渡所得の特例》

一人暮らしの親の自宅を相続し空き家となっている場合に、相続した日から起算して3年を経過する属する年の12月31日までなどの一定の要件を満たせば、譲渡益から3,000万円特別控除の適用を受けることができます。


《取得費加算の特例》

​相続によって取得した財産を、相続開始の日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日まで(3年10ヶ月以内)に譲渡した場合は、実際の取得費又は概算取得費に一定の相続税額を加算して、譲渡所得税にかかる税金を軽減することができます。この特例は「空き家の譲渡所得の特例」とは選択適用となります。

----------------------------------------------------------

不動産カイトル

住所:群馬県高崎市足門町1725-3

電話番号:027-381-5893

----------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG